ピコ秒レーザー用増幅器 APL2100シリーズ

製品概要

APL2100製品画像

EKSPLA社のAPL2100シリーズは最大で2200mJ@1064nmを発生可能なピコ秒レーザー用増幅器です。

筐体内には必要に応じて最大4倍波発生用のユニットを内蔵することが可能です。制御はキーパッドから

可能で、簡単に制御を行う事が出来ます。20年以上にわたり培った技術は高い安定性のピコ秒パルスを

提供することが可能で、材料加工、時間分解測定などをはじめとするレーザー分光で最適なレーザーです。

 

特長

◆高エネルギー 最大2.2J@1064nm  ◆パルス幅 90±10ps  ◆LD励起再生増幅器  ◆低ジッター 10ps(Option)

仕様

■ APL2100シリーズ仕様  *1

ModelAPL2101APL2103APL2105APL2106APL2107
パルスエネルギー1064 nm200 mJ300 mJ550 mJ1000 mJ2200 mJ
532 nm *2100 mJ150 mJ250 mJ500 mJ1100 mJ
355 nm *360 mJ90 mJ170 mJ300 mJinquire
266 nm *420 mJ30 mJ60 mJ100 mJinquire
パルス安定度 (StdDev) *51064 nm0.015
532 nm0.025
355 nm0.05
266 nm0.07
パルス幅 (FWHM) *690 ± 10 ps
繰り返し周波数 *710 Hz
トリガリングモード外部トリガー
空間プロファイル *8Super-Gaussian
ビーム拡がり角 *9< 0.5 mrad
ビーム径 ( 代表値 ) *10~ 11 mm~ 17 mm~ 24 mm
ビーム位置安定性 *11< 60 μrad
プレパルスコントラスト> 200:1
偏光直線, > 100:1
入力波長1064 nm
パルス幅 (FWHM)20 - 90 ps
繰り返し周波数50 - 95 MHz
平均出力> 20 mW
寸法ヘッド600×1500×350 mm600×1800×350 mmTBA
電源550×600×1100 mm550×600×1230 mmTBA
冷却< 12 L/min, 20 ℃以下< 25 L/min, 20 ℃以下
室温22 ± 2 ºC
湿度20 – 80 % ( 結露無きこと )
ユーティリティー208 or 230 V AC, 単相 50/60 Hz208 or 230 V AC, 三相 50/60 Hz
消費電力< 2 kVA< 2.5 kVA< 4.5 kVA< 12 kVA

*1:仕様は予告なく変更される場合があります。記載がない限り1064nmの仕様となります。  *2:APL210x-SH or APL210x-SH/FHオプション用。非同時。
*3:APL210x-THオプション用。非同時   *4:APL210x-SH/FHオプション用。非同時   *5:30秒間の平均値。  *6:30psオプション有
*7:他繰返し周波数も特注で可。  *8:Gaussian fit >80%   *9:1/e2レベルの全角値。  *10:1/e2レベルでの測定値。  *11:300shotsの測定値。