中赤外用伝送ファイバー

製品概要

500~4500 nmを含む中赤外域で超低損失を誇る伝送ファイバーです。

ファイバーはステンレススチール製の外装で保護されています。

特長

◆中赤外域での超低損失  ◆可視から中赤外まで透明  ◆広帯域反射防止コーティング  ◆高電力の輸送が可能  ◆標準SMAコネクタ

スペクトル特性

仕様
パラメーター標準仕様
伝送範囲 (nm)< 500 ~ > 4500
コア屈折率 (@1550nm) (Typical)2.0025
開口数 *10.22
減衰 (Typical)< 0.25 @ 3500 nm
コア非真円度<< 1 %
コア/クラッド同心度エラー (μm)< 1
コア径 (μm) *270100
クラッド径 (μm) *3170
ガラス構造 コア/クラッドテルライトガラス
ファイバージャケットPVDF被膜ステンレススチール外装ケーブル
広帯域ARコーティング (オプション) *4, 5Rav < 2 % @ 2000-4500 nm
伸張強度ベアファイバー (kpsi)> 60
外装ケーブル曲げ半径 (cm)2.5
ベアファイバー曲げ半径 (cm)1.25
*1. 利用可能なNA:0.05 <NA <0.6
*2. 他の直径も利用可能
*3. 他の直径も可能 (オプション)
*4. 外装ファイバーでのみ利用可能
*5. Typical < 0.6 % @ 3 μm

ファイバー型番


1. ベアファイバーにはポリアクリレートコーティングが約295 μmあります。
2. 外装ケーブルの両端にはコネクタが必要です。
3. 最小ファイバー長は1 mです。

(例) TFMM-100-A-2-UC-10
  multimode armored fiber、100 μmコア径、both ends、SMAコネクタ、uncoated、10 m長