光関連製品・レーザー製品、科学機器のMSHシステムズ
お問い合わせ
03-6659-7541
製品情報

多チャンネル出力ピコ秒用増幅器 APL4206

製品詳細

検討リストに追加する

分野

  • その他

メーカー

EKSPLA(リトアニア)

正規代理店

概要

多段OPCPA励起に最適
エネルギー : 130 mJ@1064 nm ×8ch | パルス幅 :90 ps +/-10 ps
繰返し周波数 : 1 kHz | DPSS増幅器


特長

APL4200は多チャンネル出力が可能なピコ秒用増幅器です。
種光には組込み済みのピコ秒発振器、もしくは他のレーザーを増幅することができます。高度な光学設計によりホットスポットが無いビームを得られ、高い偏光度を備えるため最大で4倍波までの発生が可能です。本システムは最大で8chの出力が可能で多段OPCPA励起や非線形アプリケーションに最適です。


仕様

■ APL4200シリーズ仕様  *1

Model *1APL4206
パルスエネルギー1064 nm130 mJ~ /最大8ch
パルス安定度 *21064 nm≦1 %
パルス幅(FWHM)90 ps ± 10 ps
繰返し周波数1 kHz%
線幅≦1 cm-1
トリガーモードExternal
ビームプロファイルTop-Hat
ビーム拡がり角< 0.7 mrad
ビーム径 *3~8 mm
ビーム位置安定度 *2<30 μrad
Beam local intensity fluctuation *4< +/-15 %
Deviation of spatial parameters between beams+/- 10 %
プレパルスコントラスト *5> 200:1
偏光Horizontal, 100:1
寸法ヘッド1500×3000×400 mm (Preliminary)
電源553×600×1200 mm - 1unit
553×600×500 mm - 1unit
ウォームアップタイム< 30分
冷却水冷 <20 L/min, 2bar, 20℃
室温22℃ +/-2 ℃
湿度20-80%(結露なきこと)
ユーティリティー208 or 380 or 400 V AC, 三相 50/60 Hz
設置環境ISO Class 7 or 10000as per U.S. Fed Std. 209 (5 VDI 2083, C GMP)
消費電力<22 kVA

*1: With internal oscillator and PLL options. *2: 30秒の測定値。Rms *3: 1/e2レベルの値。
*4: From the average intensity across 80% of beam cross-section (or beam diameter measured at 1/e2 level)
*5: Peak-to-peak in respect to residual pulses.


各資料

関連製品

製品に関するご質問・御見積など、お気軽にお問い合わせください

03-6659-7540 受付 AM9:00~PM5:30(土日祝、年末年始除く)
03-6659-7541 24時間受付
Menu
©Copyright 2020 MSH システムズ All Rights Reserved.