周波数分解光ゲート法 超短パルス測定 FROGシリーズ

製品概要

周波数分解光ゲート法 超短パルス測定 FROG製品画像

Femtoeasy社のFROGシリーズは周波数分解光ゲート法を利用した、超短パルス幅測定製品です。

測定パルス幅は4fs~10psをカバーする6モデルがあり、波長範囲は500~2000nm内で選択可能です。

またSignle shot測定は80kHzまで対応が可能、ソフトウェアも使いやすく簡単に測定が可能です。

特長

◆Single shot測定 ~80 kHz(同期時)  ◆測定パルス幅 4 fs~  ◆低エネルギー測定 5 μJ(single shot)  ◆ユーザーフレンドリーなソフトウェア

仕様

■ 仕様 : 周波数分解ゲート法 FROG

型名FCFSPS1PS3PS5PS10
測定可能パルス幅4 ~ 150 fs *310 ~ 300 fs *350 ~ 1000 fs150 ~ 3500 fs150 ~ 5000 fs300 ~ 10000 fs
測定波長範囲 *1500 ~ 2000 nm *2800 ~ 2000 nm *2
測定可能波長幅 Δλ580 nm420 nm300 nm
測定可能繰り返し周波数@Single shot80 kHz (同期時) / 40 kHz (非同期時) *1
入射繰り返し周波数Hz ~ GHz
入射光エネルギーSingle shot : > 5000 nJ
1 MHz : > 100 nJ
100 MHz : > 5 nJ
1 GHz : > 0.050 nJ (低エネルギーオプション)
入射偏光縦 または 横
検出器CMOS 12 Bit, 3MP, 72 dB
インターフェースUSB3.1 または GigE (オプション)
入射光軸高さ83 ~ 180 mm
繰り返し周波数2 KHz1kHz1 kHz / 1 MHz1 MHz
*1 : 80 kHzを超えると、測定値は複数のショットの平均になります。 ショットの数は、レーザーの繰り返し速度に依存します(例:200 kHzで4ショット)。 ショットごとの測定能力が高いデバイスは、ご要望に応じて提供可能です。
*2 : 対応波長は、工場で調整可能な波長幅です。 この範囲内で検出する波長幅を選択する必要があります。 ご要望に応じて、カスタム波長範囲と波長分解能は作製可能です。 また、予備の分光器を用意して、複数の波長範囲に対応することも可能です。
*3 : FCおよびFSモデルは、非分散型で色収差補正されており、曖昧さのない位相回復を実現します。