ランプ励起 ピコ秒YAGレーザー PL2250シリーズ

製品概要

ランプ励起 ピコ秒YAGレーザー PL2250シリーズ製品画像

EKSPLA社のPL2250シリーズは共振器/再生増幅器にLD励起を採用したピコ秒YAGレーザーです。

共振器はモノシリックブロックに組み込まれており、高い安定性が得られます。

増幅器段にはランプ励起を採用しており、最大で100mJの高エネルギーピコ秒パルスが得られます。

時間分解測定や非線形分光などの分光用途、OPGなどの非線形光学効果用の励起光源に最適です。

特長

◆高エネルギー 最大100mJ@1064nm  ◆パルス幅 30±10ps  ◆高安定性 <0.2%

◆プレトリガーオプション 低ジッター <10ps  ◆高ビーム位置安定度  ≦30 μrad

仕様

■ PL2250シリーズ仕様  *1

ModelPL2250PL2251PL2251APL2251BPL2251C
パルスエネルギー1064 nm1 mJ30 mJ50 mJ *280 mJ *2100 mJ
532 nm *30.45 mJ15 mJ25mJ40 mJ50 mJ
355 nm *40.3 mJ10 mJ15 mJ24 mJ30 mJ
266 nm *50.15 mJ3 mJ7 mJ10 mJ12 mJ
213 nm *6nainquireinquireinquireinquire
パルス安定度 *71064 nm< 0.2 %< 0.8 %
532 nm< 0.4 %< 1.0 %
355 nm< 0.5 %< 1.1 %
266 nm< 0.5 %< 1.2 %
パルス幅 (1064nm,FWHM *8 )30 ps ± 10 %
パルス幅安定度 *9± 1.0 %
繰り返し周波数0 - 50 Hz50, 20 or 10 Hz50, 20 or 10 Hz20 or 10 Hz10 Hz
偏光@ 1064nm垂直 , > 99%
プレパルスコントラスト> 200:1 (peak-to-peak with respect to residual pulses)
内部トリガージッター *10< 50 ps (StdDev) TRIG1 OUT pulse の場合
外部トリガージッター *11~ 3 ns (StdDev) SYNC IN pulse の場合
Sync Out ジッター *10-500 ... 50 ns
パルスディレイ *12-500 ... 50 ns
ビーム拡がり角 *13< 1.5 mrad< 0.5 mrad
ビーム位置安定性 *14≤ 10 μrad≤ 30 μrad
ビーム径 ( 代表値 ) *15~ 2.5 mm~ 8 mm~ 8 mm~ 10 mm~ 12 mm
ウォームアップタイム5 分
寸法ヘッド456×1031×249 mm ± 3 mm456×1233×249 mm ± 3 mm (for PL2251A, B with harmonics and C models)
456×1031×249 mm ± 3 mm (for PL2251A, B models without harmonics)
電源12 V DC power adapter, 85×170×41 mm ± 3 mm550×600×550 mm ± 3 mm (19 ″ standard, MR-9)
冷却空冷水冷 (max. 20 °C), < L/min, 2 bar
室温22 ± 2 °C
湿度20 - 80 %( 結露無きこと )
ユーティリティー *16110 – 240 V AC, 50/60 Hz単相, 200 – 240 V AC, 16 A, 50/60 Hz
消費電力 *17< 0.15 kVA< 1.5 kVA< 1.5 kVA< 2.5 kVA< 2.5 kVA

*1:仕様は予告なく変更される場合があります。記載がない限り1064nmの仕様となります。  *2:PL2251A-50は40m、PL2251B-20は70mJ。
*3:SHオプション用。非同時。  *4:THオプション用。非同時。  *5:FHオプション用。非同時。  *6:FiHオプション用。非同時。  *7:30秒間の平均値。
*8:FWHM値。20-90psオプション可。  *9:1時間の測定値。(温度変動 ±1℃)   *10:TRIG1 OUTに対する値。<10psオプション有。  *11:Sync Inに対する値。
*12:0.25nsステップで調整可能。  *13:1/e2レベル、X-Y平面内の全角値。  *14:Far Fieldでの測定値。  *15:1/e2レベルでの測定値。
*16:50Hzモデルは208 or 380 VAC、三相が必要。  *17:10Hzモデルの値。